家族葬を行うことについて

自分の身近な人が亡くなり哀しい気持ちの中葬儀の準備を行いますが、一般的に行われている葬儀とは違い家族葬と言う葬儀のやり方があります。

家族葬とは文字の通り家族で行う葬儀になります。

@niftyニュースの情報を求める人におすすめです。

範囲は色々とありますが近親者のみでとりおこないます。

この葬儀は故人が自分がなくなった場合はこのようなやり方で葬儀を行ってほしいと家族に言い渡してある場合や親族の思いでそうなることもあります。

参列者などや弔問者がこられる葬儀の場合、香典をいただいたり、こられた方にもてなしをおこなったり挨拶をおこなったり色々な作業があります。また、亡くなった後も香典がえしを送らなければならないなどあります。

家族葬の場合は近親者のみでしか行わないため一般的には知人や友達などもお断りする場合があります。


どうしてもお別れが言いたい場合は葬儀が終わってからお宅を訪問する形になります。



また、葬儀を行うやり方で葬儀代が変わります。
色々やることが多い分補佐してくださる業者の方の仕事が増えるため高く料金がかかります。
金銭的にあまり余裕がない方にとっても家族葬はとてもよい方法であるといえます。



金額が安いからといって供養をしてくださるお坊様もこられるし、家族で行うこと以外では特にかわりなく葬儀を行います。
故人が安らかに旅立ちができる方法を選ぶことが重要なので、家族で見守りながら葬儀を行うやり方も故人にとっては喜んでおられる方法であると思われます。