家族葬のデメリットについて

家族葬は、遺族が中心となって、小規模な葬儀全般を指します。
一般的な葬式は斎場などで行い、訃報を知らせたりすることで、参列者を迎えて、ともに故人を送るセレモニーになります。



しかし、家族葬の場合、ごく親しい方たちにだけお知らせをすることから、その他訪れると予想される参列者の存在は基本的には考えません。
ですから、規模だけではなく、セレモニーそのものもナシに近い感じになります。

毎日新聞技術のご紹介です。

様々な理由から、家族葬を選択するのは遺族の意志ですが、あとになって後悔してしまうことがあります。



それはやはり参列者の問題です。

遺族としては、気を使わないでくださいという意味での葬式であったとしても、故人と縁があった方ですと、最後の別れもできなかったことで、ひどく悔やまれるという話しも聞きます。
遺族が決めることですから、参列者は関係ないではなく、生前の故人の人間関係や社会的地位を考慮すると、家族葬がベストな形なのか、今一度確認したいところです。たとえ、故人の意志だとしても、故人を慕う参列者が多い場合は、セレモニーの必要性もあるでしょう。

無宗教の内容でも構わないのです。家族葬の後、このような葬式に行きたくても行けなかった参列者の対応に追われる話しも耳にします。

葬儀後、家族のみで送った知らせを出すだけで良いと判断される場合もありますが、それにしても一応故人のことをよく知る生前かお付き合いがあった方に相談などをされてから、葬式の形をとるのも一つの方法です。