家族葬に参列したい場合はどうすべき?

故人を家族・身内だけでお見送りする家族葬では、通常身内以外の方は参加しません。ただし、深い親交があった場合はやはりしっかりとお見送りしたいものです。
まず葬儀に参拝する場合、服装は通常の葬儀と同様の格好をしていきます。

よりシンプルさを追求したlivedoorニュースの情報なら当サイトにお任せ下さい。

香典も、辞退のお知らせ等がなかった場合には通常と同じです。
ただし、香典を辞退する記載が訃報にあった場合にも、鞄に香典を忍ばせておくようにします。


次に訃報で、参列を辞退する旨の記載があった場合です。


この場合、故人が「家族葬」を望んでおり、家族の方もゆっくりと故人をお見送りしたいという意思が強いと考えられます。

そのため、故人・家族の意思を尊重し、式への参列は避けるようにしましょう。
しかし、どうしても哀悼の意を示したい場合は、弔電・供花・香典を自宅・もしくは会場に贈るようにします。

このとき、弔電・供花・香典を辞退する旨が訃報にかかれていないか確認しましょう。これらを辞退する旨がかかれている場合には、贈らないようにします。



そして後日仏壇にお参りに行く際は、式に参拝するわけではないので普通の服装で伺うようにします。

このとき、香典は故人とどの程度のお付き合いがあったかによって金額を決めます。
また、長居すると遺族の方の負担になるためできるだけ速やかに去るようにします。



家族葬は故人が家族だけで見送ってもらいたいという遺志と、遺族が身内だけでゆっくりと見送りたいという想いから成り立ちます。式に参列したいと思う方もいると思いますが、できるだけ故人・遺族の意向に沿った行動をするように心がけましょう。