家族葬を望む遺族と業者の言い分

家族葬は、簡素な葬儀を望む高齢者の急増や経済的な問題を抱える一般家庭のニーズに最も適している葬送方法であり、今後も増加する葬送方法です。



しかし、葬儀業者は突然参列者が訪れる事があり返礼品や料理の手配や対応に追われる事や葬儀の人間関係への影響など引き合いに通常の葬儀への変更を促しますが、家族葬は現在非常に増加している葬送方法なので自信を持って自分の意思を示す必要があります。



葬儀は、元々故人との関係を慈しみ故人の冥福を祈る意義があり故人を思う真心が1番大切な筈ですが、従来の葬儀業界は地域の葬儀業者独占的に相場を形成し不当に利益を上げて来た経緯があるので、盛大な葬儀が故人の為と言う理論を振り翳す業者も存在します。
しかし、葬儀業界は年間死亡者数が2060年頃まで現状の年間死亡者数130万人を超える優良な市場として、大手流通企業や関西の大手鉄道企業、生活協同組合などが参入してきたことにより、従来不明確だった見積もりが追加料金なしのセットプラン価格として提示されるようになり、既存の葬儀専門業者との間で激しい過当競争が始まっています。

特に参入組は、豊富な資金力とグループ内の金融セクションを連動させる事で家族葬のプラン商品に金融商品として側面を持たすなど、葬儀を行う遺族にとっては選択の幅が広がるだけでなく、安く済むメリットが拡大しています。


しかし、生き残りを賭けた価格競争には悪質な業者が付き物なので、遺族は肉親が亡くなった不安定な精神状態で価格に惑わされる事なく業者を見極める必要があります。

エキサイトニュースに関しての情報が閲覧できます。