家族葬の需要の高まりとその背景

category01

これまではほとんどの場合、誰かが亡くなると親族以外にも社会的に関係の合った人々が参列していました。

親族や関係者がかなり遠方に住んでいる場合などを除けばほとんどの場合はこのような葬儀を行っていました。しかしながら最近では家族や親族のみが参加する家族葬の需要が高まっています。

背景としては、現代の社会的な問題が関係していると言えます。例えば核家族化によって故人の親しい関係者を把握していないというケースや高齢化で故人もその関係者も高齢であるため参列が難しいなどのケースがあります。

YOMIURI ONLINEのマニアックな情報をお届けします。

また、これまではご近所の方が参列することもありましたが、関係の希薄化によりそのようなことも減っています。


そのため、家族や親族だけで行うことができる家族葬を行う人が増えています。

このような理由を聞くと消極的なものに聞こえますが、家族葬が選ばれる理由にはもっと大きなものもあります。
それは大切な家族である故人を落ち着いてお見送りしたいという願いから選ばれるということです。

遺族のみの希望ではなく、故人が生前から家族葬を望んでいることもあります。

どちらにせよ、家族のみの葬儀であれば受付を行ったり弔問客への気遣いを行う必要がなく、時間的にも精神的にもゆとりのある時間を過ごすことができるのです。



家族のみで葬儀を行うとき親族や故人の関係者への対応を心配する人も多いですが、電話や手紙であらかじめ家族葬を行うことを告知しておけば問題ありません。

故人を家族で温かく見送りたいと考えている場合にはピッタリな葬儀だと言えます。



意外な真実

category02

家族葬は、遺族が中心となって、小規模な葬儀全般を指します。一般的な葬式は斎場などで行い、訃報を知らせたりすることで、参列者を迎えて、ともに故人を送るセレモニーになります。...

subpage

社会をよく学ぶ

category02

自分の身近な人が亡くなり哀しい気持ちの中葬儀の準備を行いますが、一般的に行われている葬儀とは違い家族葬と言う葬儀のやり方があります。家族葬とは文字の通り家族で行う葬儀になります。...

subpage

おすすめ情報

category03

故人を家族・身内だけでお見送りする家族葬では、通常身内以外の方は参加しません。ただし、深い親交があった場合はやはりしっかりとお見送りしたいものです。...

subpage

知りたい情報

category04

家族葬は、簡素な葬儀を望む高齢者の急増や経済的な問題を抱える一般家庭のニーズに最も適している葬送方法であり、今後も増加する葬送方法です。しかし、葬儀業者は突然参列者が訪れる事があり返礼品や料理の手配や対応に追われる事や葬儀の人間関係への影響など引き合いに通常の葬儀への変更を促しますが、家族葬は現在非常に増加している葬送方法なので自信を持って自分の意思を示す必要があります。...

subpage